1975 Z1B 車検付

¥ 2,268,000 税込

商品コード:

関連カテゴリ

  1. KAWASAKI
数量

1975年式KAWASAKI 900Super Four (Z1B)

 

エンジン未開封でノンレストアのオリジナル度の高い車両です。

 

国内登録済み車検付き

 

車体No:Z1F-7405*
E/G No:Z1E 07443*

 

・目立ったダメージの無い、塗り替え無しの健全なフレーム。

 

・外装はリペイントですが純正品。タンクは内プレスロングピッチでサイドカバーもテールも純正品です。

 

・マフラー(MRS後期)やシート、ミラーなど所々リプレイス品に替わっておりますが、主要部分は価値ある純正品。

キーも純正ですがプラスチックの部分がなく擦り減ってはいるものの、歴史を感じさせるある意味いい感じのオリジナルキーが一本と外品のスペアキーが一本あります。すり減ったいい感じのキーでも回りますのでご安心ください。ハンドルロックは付いておりませんが。。

 

グリップも純正じゃなかったので、ここはいい感じの当時物スズキ純正グリップがあったのでとりあえず付けてあります。いい感じです。

 

・エンジンは未開封でストック状態。

ヘッドカバーすら開けた痕跡がなく?、最低でもヘッドカバーくらいは開けて中の状態は確認したいところですがご依頼あれば御開帳致します(笑)さすがにジェネレーターカバーはよくオイルが漏れるんで開けた痕跡はあります。

とりあえず開けてないエンジンの割には調子もよさげなので、しばらくこのままお乗りいただいてから、時が来たら信頼のおけるプロショップや専門店にO/Hを依頼されるとよいと思います。

下手なショップでO/Hをした場合、価値を落とす行為でしかありませんので(笑)

この年代のバイクで新車の時から一度もエンジンが開けられていないってのは貴重なことだと思います。

 

※世にありふれたエンジンO/H済みという謳い文句にはご用心。

ちゃんとした専門店等で行われたO/Hでしたら言うことないのですが、下手にO/Hされたエンジンは元々の状態以下になってることも多く感じます。

開けてないエンジンの魅力は、人のミスによるダメージは少なく、のちにO/Hされる専門店さんもそういったエンジンのほうが触りやすいはずです。

もちろんエンジン未開封であってもろくなメンテナンスもされず乗りっぱなしの車両はそれによるダメージ等の蓄積はあると思いますが。

 

あと、キャブの上の蓋とフロートチャンバーがピカピカしており気持ち悪いので、いい感じのものがあったら交換しちゃおうかと思ってます。

 

・フルオリジナル車ではありませんが、主要部分はオリジナルのまま。

オリジナルにこだわる方は是非一度見に来てください。

2018年12月11日
有限会社エムシーマニアック
現在のページを携帯やスマートフォンで見る場合、QRコードを読み込んでください。